カテゴリー
公園 観光

冬の観光を快適に楽しむ!三浦半島へ行こう Part1

寒いと出かけるもの億劫だし、室内は感染症も気になる~。少しくらいの寒さなら気持ちよく外で過ごしたい!そんなあなたにおすすめの三浦半島です!

神奈川県の三浦半島はご存知でしょうか?

三浦大根や三崎まぐろが有名ですよね!

都心からさして遠くないのに、自然が豊かだし温暖だし海もキレイだし、良いところです。

油壷マリンパークには子供が小さな頃に行った記憶があるなぁ。昔のままかな?

ジブリの世界のような場所があるとも聞いています。

冬でも温暖な三浦半島なら色々楽しめそうですね。美味しいお魚も食べたいし。

そんなことを思いつつ、今回はPart1として東側をメインに三浦半島をリサーチしました!

三笠公園

横須賀港に面した三笠公園には大日本帝国海軍の戦艦「三笠」が記念艦として保存してあります。

記念艦の中を是非見学しましょう(大人600円)。

想像以上に艦内は広く、たくさんの資料展示に夢中になってしまいます。

ガイドツアーもあるので時間のある人は是非利用されてください!
本物の歴史を目の前にして戦艦の存在感に圧倒されますよ。

じっくりと見てまわるとゆうに1時間以上かかります。
猿島へ渡る船の時間潰しに…と、思っていると船に乗り遅れちゃうかも~。そのくらい夢中になってしまいますよ。

三笠公園は「水と光と音」をテーマとした公園で、音楽に合わせて舞う噴水や、ダイナミックな壁泉、高さ18メートルのモニュメントなど見どころたくさん!

お天気の良い日は真っ青な海と空に包まれて最高に気持ちがいいです。

日光に照らされて水面がキラキラ。風の無い日は寒さも忘れてしまいそうです。

観覧料はこちら ☞ 記念艦「三笠」HP

公園への入場は無料ですが「三笠」は入館料が必要です。

猿島

東京湾に浮かぶ無人島です。

猿島へ渡るには、三笠公園すぐそばにある「三笠ターミナル」で猿島までの乗船チケットを購入しましょう。

1時間に1便程度の運航で、猿島までは約10分程度の船旅です。

猿島桟橋に上陸したら島内を散策しましょう!

むき出しの豊かな自然あふれる島内~と思いきや、行きなりジブリの世界に迷い込んでしまったの?と思うようなレンガ造りの壁やトンネルが出現します。

猿島は、かつて砲台が置かれ、東京湾を守る要塞の島だったのです。

長い間一般人の立ち入りが禁止されていたために、貴重な自然や歴史的遺産がそのまま残され、2015年に「国史跡」に指定されることになりました。

別世界に迷い込んでしまったような、不思議な感覚ですね。

もちろん島内全部がこんな感じではなくて、広場もあるし、レストランだってありますよ。

浜辺も夏は海水浴客で賑わいますし、手ぶらでバーベキューも楽しめます。

予約はこちら ☞ 猿島BBQ

ヴェルニー公園

横須賀造兵廠、横須賀海軍施設ドックや灯台など、近代施設の建設を指導し日本の近代化を支援したフランス人技術者レオンス・ヴェルニーの名前をつけた公園です。

フランス式の庭園で、フランス式花壇や噴水があります。
約1,400株のバラが植えられ、開花の季節には華やかな彩りと良い香りで楽しませます。

海側のウッドデッキを散策しながら横須賀港を眺めましょう。
海上自衛隊とアメリカ海軍の基地が目の前に広がります。
複数の停泊している艦船を大迫力で見られるなんて横須賀ならではですね。

カフェレストラン・コルセール(CORSAIRE)では紅茶やデザートだけでなく、横須賀の名物「よこすか海軍カレー」もいただけます。
テラス席はワンちゃんもOK!

夜もほどよい明るさで、ムード満点です。

横須賀美術館

更に半島を南下すると海沿いに素敵なガラスの建物横須賀美術館が出現します!

空と海のブルーと芝生のグリーンがガラスに映りこみ素敵な空間を作り出します。

hako

建物すべてが美術品って感じです
リーズナブルなので絶対寄って欲しいです

館内は広々としていて気持ちよく展示品を見学できます。図書室もありますよ。

企画展示室、所蔵品展示室、谷内六郎館など見どころはたくさんです。

ワークショップ室では様々な催しも行われます。
美術品に親しむチャンスです!

1階にはイタリアンレストラン「アクアマーレ」があり、地元産の魚介類や野菜などを使った、ここでしか味わえないオリジナルメニューがいただけますよ。

テラス席もあるので、海を見ながらおしゃれにお食事~なんて素敵ですね。

横須賀美術館HPはこちらから ☞ 横須賀美術館

観音崎公園(観音崎灯台)

観音崎公園は、東京湾に突き出た観音崎のほぼ全域に広がっています。

観音崎海水浴場あり、BBQ広場あり。アスレチックもあり。
照葉樹林のなかを散歩したり、花を愛でたり、海を眺めたり、と四季を通して大人も子供も自然を満喫できます。

近くに立つ観音崎灯台はフランス人技師ヴェルニーによって作られた、日本で最初の洋式灯台です。(現在は3代目)

東京湾の入口、三浦半島の先端に建設されています。

地上から構造物の頂部まで19メートル。
平均水面上から灯火まで56メートル。
光到達距離は35キロメートルもあるのだそうです。

冬のスッキリと真っ青に晴れた空を灯台に上って間近に感じませんか?
美しい空と海を見ていると寒さも忘れちゃうかも。

海水浴場近くにある「夢・Dream 食堂」で市場直送の新鮮な魚介類をお得に召し上がれ!

まとめ

三浦半島の東側をメインにリサーチしました。

東京からさほど遠くないのに、自然豊かでびっくりするくらい空も海も青くきれい。
空気も美味しく感じられます。

夏は海水浴の人でとっても賑わう三浦半島ですが、寒い季節は人出も多くはないので、ちょっとラッキーな気持ちに(笑)

  • 三笠公園/ヴェルニー公園ともスッキリと心が落ち着きそうな場所
  • 猿島は大きくないけど、東京湾に浮かぶ島とは思えない別世界感を体感できる
  • 横須賀美術館で芸術に触れながら心を開放
  • やっぱり海は素晴らしい!観音崎灯台へ

三浦半島へは京浜急行が浦賀や三崎口まで通っていて交通の便も悪くありません。

だけれど、海沿いをドライブ出来たらもっと気持ちが良さそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です