カテゴリー
観光

冬の観光を楽しむ!三浦半島へ行こう! Part2

東京から近い神奈川県の三浦半島です。近いのにあまり足を運んでいないかも…。思っている以上に自然も豊かで美味しいものもたくさん。楽しいところです!

冬でも比較的暖かい三浦半島。

若い頃は毎年のように城ケ島へ初日の出を拝みに行っていました。

さすがに真冬の夜・早朝は寒いですが、海に近いと太陽も近くに感じられ日差しは暖かです。

hako

強風の日は晴れていてもやっぱり寒いけど

今回は久里浜から更に南下します!

くりはま花の国

春にはポピーが秋にはコスモスが一面に咲き誇る広々とした庭園が広がります。

くりはま花の国は犬を連れていてもOKなので、何度か訪れたことがありますが、いつ行っても園内には様々な花が咲いていて、手入れが行き届いています。

庭園の脇をなだらかに上る坂道はなかなかの距離があり、良いウォーキングになります。

歩くのがしんどいという人はフラワートレインを利用しましょう。
可愛らしいトレインが園内を片道300円で運行しています。

広大な敷地内にはポピー・コスモスの庭園だけではありません。

つばき園や県木の広場などがあり散策するだけでも楽しめますが、冒険ランドには巨大なゴジラの滑り台やアスレチックが豊富です。

すぐそばには屋外ボルタリングが設置されています。(有料)
30分交代制でレンタルシューズもあるので用意していなくてもちょっと試したい!というのもありですね。

更には有料のハーブ園が設けられています。(ハーブ園に犬は入れません)

ハーブ園のそばには複合遊具の揃った子供たちに人気の広場があり、アーチェリー、エアーライフル、パークゴルフなどを楽しめる施設も揃っています。

入場ゲート近くにあるレストランうおくにでは久里浜の新鮮な海の幸を生かした和食が、丘の上にあるレストランロマリネスでは海を眺めながらの食事やBBQが楽しめます。

引用先:くりはま花の里HP

城ヶ島

三浦半島南端にある島です。城ヶ島へは城ヶ島大橋を渡ります。

島はぐるっと一周約4キロ程度、歩くだけなら2時間くらいあれば一周出来るくらいの広さです。

島の西側にはフランス人技師ヴェルニーが設計したという、夕日がきれいな城ケ島灯台があり、島の東側には朝日がきれいな安房崎灯台があります。

島内には6ヶ所の公共駐車場があり、お得なワンデーパス(1日駐車券)を使えばこの6ヶ所の駐車場の出し入れが自由に出来ます。

島の北側は宿泊施設やお食事お土産処などがあり、南側は自然がそのまま残されいる感じです。

お食事処で三崎マグロをいただくも良し!
気候の良い時なら、城ケ島量漁協直売所でサザエやハマグリといったとれたての海の幸をゲットしてBBQをするも良し!ですね。

釣りがお好きな方は磯釣りを楽しんでも良いですよね。

油壷マリンパーク

1968年に開園した歴史の長い水族館です。

アットホームな雰囲気で、ペットと一緒に入園出来る水族館です。
(ペットの入園料が必要です)

詳しくはこちら☞油壷マリンパークHP

ワンちゃんのためのドッグランまでありますよ。

園内はサメや相模湾の様子がわかる水族館の建物だけではなく、希少生物が見られるみうら自然館、屋外にペンギン島カワウソの森あしか島や、イルカやあしか、お魚たちのパフォーマンスが見られる劇場などがあります。

hako

パフォーマンスは楽しくておススメよ~♪

流行りのモダンな水族館では味わえないのんびりほのぼの感が良い感じです。

カワウソちゃんものんびり~♪

ソレイユの丘

ソレイユとはフランス語で太陽のこと。
春は菜の花、秋はコスモスが美しく咲く明るい雰囲気にソレイユの名はぴったりです。

広く清潔感のある園内には様々なお楽しみがありますよ。

四季折々の野菜の収穫体験や、ピザやパンなどの手作り体験、オカリナへの絵付けやキャンドル造りなどの手作り体験など手軽にチャレンジ出来ます。

ふれあい動物村ではウサギや犬といったおなじみの小動物だけではなく、カピバラやカンガルー(!?)にもふれあえます。

観覧車やメリーゴーランド、ゴーカートといった乗り物や、子供たちが喜ぶキッズガーデン
広々とした芝そり用のゲレンデ
アーチェリーやちょっと変わった自転車に乗れたりと、一日中楽しめます。

冬にはニジマス釣りも出来ます。

施設内にはキャンプ場もありますし、手ぶらで楽しめるBBQもあります。(要予約)
温浴施設(温泉ではない)もあるのでお泊りキャンプでもゆっくりお風呂に入ってスッキリ出来ちゃうなんて最高。

とにかく盛りだくさんなソレイユの丘です。

詳しくはこちらを!☞ソレイユの丘HP

まとめ

東京からも近い三浦半島ですが、近いがゆえに、いつでも行かれると思う余裕がなかなか足を向けさせないということになりやすいですよね。

新しく出来たものあり、リニューアルされたものあり、昔のままに変わらないものもあり。

  • くりはま花の国で花木の美しさを満喫
  • 城ケ島で海の幸を楽しむ
  • ソレイユの丘はキャンプも出来て一日中過ごせちゃう

他にもまだまだ見どころがたくさんあって、紹介しきれない!
結構楽しめる三浦半島です。

一日では足りない!泊りで行ったり、複数回足を運んで三浦を満喫してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です