カテゴリー
観光

新宮あじさい祭り!愛媛から四国を巡ります!

あじさいの名所は各地にありますが、四国新宮のあじさい祭りはご存知ですか?朝霧の中に浮かぶ大きなあじさいがきれいです!

うっとうしい梅雨の季節にひと際美しさを増す花、あじさい。

もうずいぶんと前になりますが、あじさいで有名な鎌倉へ行ったことがあります。
平日だというのにすごい人出で・・・疲れました。

あちらこちらにあじさいの見どころはあるようですが、思い切って遠出をしてみようと選んだのがここ新宮あじさい祭り

私は新宮(しんぐう)というと和歌山県新宮市を真っ先に思い浮かべてしまいますが、愛媛県四国中央市新宮あじさい祭りについて調べてみました!

新宮あじさい祭り

愛媛県四国中央市新宮町には4ヘクタールもの山の斜面に約2万株のあじさいが咲きます。
斜面一面にあじさいが咲き誇る様子はそれはそれは圧巻でしょうね!
夜になるとライトアップまであるそうです。

https://www.instagram.com/p/Bz4FpjbA1vy/
https://www.instagram.com/p/BzPFi3QgEwI/

どんな様子なのか知りたくてInstagramを探しまくりました!
平地でなく斜面に咲くあじさいって、どこまでもあじさいの山が続いているように感じられ、色の海が押し寄せてくるようで大迫力ですね。

この山の斜面を、みかん畑などで使用されている農業用のモノレールを改造してつくられた観光用のモノレールが走ります。
元が農業用なのでかなりの急斜面を上り下りする様子は見るだけでゾクゾクしますね~!!手すりにしっかりつかまった方が良さそうです!!
片道500円の運行だそうですよ。

https://www.instagram.com/p/ByxhVIFFOt-/

あじさい見団子山菜うどんなどの販売もあり期間中はとても賑わうようです。

hako

お花見団子じゃなくてあじさい見団子ね~!

毎年6月中旬から下旬にかけて開催されるあじさい祭りです。
詳細は四国中央市HPを確認してくださいね。
あじさい祭りの開催期間でなくても、あじさいの花を見ることはできます!

https://www.instagram.com/p/BzF2D-CpY8X/
hako

こんな色のあじさい見たい!!

早朝に霧がかかることで有名な新宮あじさいの里だそうです。
幻想的な霧の中のあじさいも見てみたいものです。

アクセス

・高知道新宮ICから車で20分
・松山道三島川之江ICから車で30分

大歩危峡・祖谷渓

東京から四国へ行こうと思う人は、仕事で行く以外は泊りで行きます…よね?
私もせっかくの四国ですからあじさい以外も楽しみたいと思いまして、周辺も調べてみました。

車で30分くらい、愛媛県からと徳島県に県をまたまたぐと大歩危峡があります。

hako

大歩危峡(おおぼけきょう)と読みますよ!読めましたか?

大歩危峡では遊覧船で吉野川の川下りを楽しめます。
その昔海洋プレートの沈み込みによって大きな圧力がかかり出来たV字谷や断崖絶壁、エメラルドグリーンに輝く吉野川の清流と見どころがいっぱいです。
遊覧船の船頭さんのガイドも人気だそうです。

大歩危峡からさらに30分ほど行くと祖谷渓(いやけい)です。

平家の隠れ里として名前を知られており、日本三大秘境といわれる地です。

hako

ちなみに日本三大秘境とは
「徳島県の祖谷」「宮崎県の椎葉村」「岐阜県の白川郷」 です。

深いV字谷の続く渓谷は降水量も多いために樹木がうっそうと生い茂り、まさに秘境。
シラクチカズラなどの葛類を使って架けられた原始的なつり橋「かずら橋」は重要文化財となっています。

他にも祖谷の小便小僧の像など、絶景ポイントがたくさんありますよ。

龍河洞

東京羽田から飛行機で愛媛県四国中央市に行くぞ!と思ってグッグったら、高知空港を利用するのが良いらしいです。
愛媛県なのに松山空港じゃないのね~~~と思いました。
まあ、松山だと西に行き過ぎてますね。

高知空港から四国中央市新宮町までは車で1時間くらいです。また、祖谷渓から高知空港までも1時間半程度でした。
四国って南北には意外と狭い?!

と、いうことで高知県で寄り道できそう!と思いましたのでもう一ヶ所足を延ばしたい先…龍河洞(りゅうがどう)です。

日本三大鍾乳洞の1つで、国の天然記念物および国の史跡に指定されています。

hako

ちなみに日本三大鍾乳洞とは
「岩手県の龍泉洞」「高知県の龍河洞」「山口県の秋芳洞」です。

鍾乳洞の総延長は約4キロメートルもあります。

中からは数十点の弥生式土器や木炭、獣骨なども発見されていて、2000年も前の弥生時代に洞内で居住していたと思われる痕跡があります。

弥生式土器と鍾乳石とが一体化してしまったという珍しい(たぶん世界でここにしかない!)ものも見られます。
こちらは「神の壷」と命名されて龍河洞のシンボルのようになっているそうです。

洞内をただ見るだけではなく、プロジェクションマッピングやライトアップなどもあり、かなりアトラクションとして楽しめるようになっています。

休憩室などもリニューアルされて、きれいで良いと評判だそうですよ。

まとめ

ゆっくりと美しいあじさいを見たい!からはじまった、私の四国巡り案です!

なかなか四国には足を運ぶチャンスがないので、あじさいだけではもったいない、と少々欲張ってみました。
いろいろ調べてみると、あっちもこっちも見どころがたくさんありますね。

  • 愛媛県四国中央市新宮町のあじさいを堪能する
  • 徳島県三好市の大歩危峡・祖谷峡で自然を満喫
  • 高知県香美市でモダンにライトアップされた龍河洞の鍾乳洞を楽しむ

やっぱり欲張り過ぎ??
けど、レンタカー借りて一泊なら充分楽しめそうですよね。

新宮の朝霧に煙るあじさいを見たいと思うなら逆回りにして初日に龍河洞を楽しむのもいいかもしれません!

真夏になる前に、ちょっと遠出を楽しみたいと思いませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です