カテゴリー
観光

仙石原の黄金色に輝くすすきを見よう!箱根の楽しみ方

仙石原のすすき草原は関東一の規模を誇り、神奈川の景勝50選にも選ばれています。黄金色の絨毯のようなすすきを見に行きましょう!箱根の観光スポットも紹介します!

子供の頃は秋になるとすすきがあちらこちらで見られました。

道端に生えていて簡単に手に入ったのであまり感動もないし、美しいなと思ったことも無かったのですけど。

仙石原のすすき草原は「かながわの景勝50選」「かながわ花の名所100選」に選ばれるほどのすすきの名所。関東一の規模を誇ります。

「すすき=地味な草」という私のイメージを一掃してくれたのが仙石原のすすき草原。

すすきなんて色味もないし、寂し気で味気ない植物…と思うなかれ、この広大敷地を黄金色に染めるすすきは大変美しいのです。

すすきの魅力と箱根の魅力をご紹介します。

仙石原はどこか

仙石原(せんごくはら)は神奈川県足柄下郡箱根町にあります。

箱根と言えば芦ノ湖や富士山の美しい景色、温泉街、美術館など見どころがたくさんある、東京から足を運びやすい観光地です。

秋の箱根と言えば仙石原のすすき草原と言われるくらい有名なすすきなのです。

台ヶ岳のふもとの斜面に広がるすすき草原は東京ドーム4個分にもなる広さです。

秋になるとすすき草原一面がキラキラと金色に輝きます。

この広大な敷地を突っ切るように遊歩道があります。入場料金もなく、散策は自由です。

すすきの中をずっと歩くと遊歩道の終点があります。その先は道が無いので引き返すことになります。

輝く一面のすすきや青く澄んだ空を見ながら歩くのは楽しいです。

hako

ですが、どこまで行ってもすすきですから、変化がないと楽しくないな~と感じる人は、適当なところで引き返してくださいね~

標高約700メートルの仙石原は平地より涼しく、秋が深まると朝晩冷え込みも深いです。

時間帯を考えて防寒着を用意した方が良いかもしれません。

仙石原すすき草原へ行くには👇

仙石原案内所までの行き方

  • 箱根湯本駅から、箱根登山バス(T路線)で約30分「仙石案内所前」バス停下車。
  • 箱根湯本駅から、箱根登山電車で約40分「強羅」駅下車、強羅駅から観光施設めぐりバス(S路線)で20分「仙石案内所前」バス下車

もちろん車で行っても大丈夫。
少し歩きますが、無料の駐車場もあります。(有料駐車場もあります)

hako

ここにこんなにたくさんのすすきがあるのは何故?

仙石原という地名には源頼朝の「この土地を開墾すれば千石の米がとれるだろう」言葉に由来するといわれますが、実際は火山灰の土壌と湿地のために米作りには適さない土地でした。

そのため長い間、茅葺屋根や霜よけの敷き藁としてカヤ(ススキ)が近隣の村へ出荷されてきました。

今では茅葺屋根の需要も激減し、その役目を終えています。すすき草原はその「カヤ場」だったのです。

すすきの見頃は

すすきは夏の終わりから初冬にかけて長く楽しめますが、一番の見頃は10月下旬から11月中旬です。

この時期はとても空気も乾いてスッキリとした青空が望めます。
天気が良い日に訪れると最高ですよ!

秋の高度が低くなった日の光に照らされ輝いて見える一面のすすきは、まさに黄金色の絨毯!

あまりの美しさに私の記憶にある枯れた薄茶色のすすきのイメージが一掃されました。

すすきって何だろう

すすきのあのホワホワしたのは花?でしょうか。

身近な植物なのにあまり詳しくないことに気付きました。

すすきはイネ科の植物で、漢字は「薄」と書くのが一般的ですが「芒」と書くこともあるようです。
他にもカヤ「茅/萱」と呼ばれる事もあります。

尾花とも言い秋の七草のひとつで、野原に生息しているごく普通にに見られる多年生の草木です。

分布域が広く斑(まだら)入りや矮性(わいせい…大きさが成長せずに小型のまま成熟すること)など品種も多数あります。

黄金色に光る穂の部分に小さな小さな花が咲き、実が出来ます。そして風に乗って種を遠くまで飛ばします。

hako

知ってました?
あのふわふわのところ花なんですって

すすきは秋を象徴する植物として古くから日本文化の中で重要な植物として存在しました。
十五夜の飾りだけでなく、花鳥画や蒔絵などにすすきは多く見られます。

イネ科の植物にアレルギー症状の出る人は気を付けてくださいね。

箱根を楽しむ

箱根は日本でも指折りの観光地です。

仙石原へすすきを見に行くだけではもったいないですよね!

仙石原からさほど移動しないでも十分楽しめるところばかりです。

いくつかご紹介します!

星の王子さまミュージアム

仙石原から車で1分!徒歩でも7~8分ですから、寄らない方がもったいない。

フランスの小説『星の王子さま』の作者サン=テグジュペリ生誕100年を祝って作られた、『星の王子さま』をテーマにした世界で唯一のミュージアムです。

サン=テグジュペリの生涯をたどりながら星の王子さまの世界にとっぷりと浸かりましょう。

サン=テグジュペリはフランスの作家ですが、飛行士でもあった人物です。
1944年7月、地中海コルシカ島から偵察飛行に飛び立ったまま消息を絶った…という、衝撃的な人生を送られた人です。

hako

恥ずかしいことに、私は星の王子さまミュージアムでこのことを知りました。

展示や映像を楽しむだけでなく、箱根の豊かな自然と調和したおとぎの国のようなフランス風の建物や庭園の美しさを堪能してください!

レストランやミュージアムショップもとてもおしゃれで楽しめます。
ショップで素敵なキーホルダーなど、洒落た感じの小物が品良く揃っていて落ち着いた感じです。

ずっと前から存在は知っていたのですが、小さな子ども向けのミュージアムだとばかり思って入ったことがありませんでしたが、大人も十分楽しめます。

チケット料金  大人1600円 大高生1100円 小中生700円
開 園 時 間   9:00~18:00(最終入園17:00)
        展示・映像ホールは17:30まで

ガラスの森美術館

仙石原から車で3分、歩いても15~20分くらい。
星の王子さまミュージアムからも歩いて12、3分くらいです。車だったら本当にすぐそこ、ですね。

ガラスの森美術館、大好きです。
女性でここを嫌いな人っている?キラキラしたもの女性は大好きですよね!

子供の頃、高台にある自宅の窓の外に広がる夜景がとても好きでした。
街の暮らしの明かりすべてが宝石に見えてワクワクしたものです。

ガラス細工も同じですよね!展示物も景色もすべてキラキラ✨です。

敷地内の庭園にはクリスタルガラスのアーチや野外展示作品がそこここで光り輝いています。
箱根の山々の美しい景色と見事に調和しています。
池にはカモも泳いでいたりして、カモまでカラフルでおしゃれに見えます。

現代ガラスの展示やヴェネチアン・グラスの展示を鑑賞するだけでなく、体験工房ではサンドブラスト(ガラスに砂を吹きかけ表面をスリガラスに削る技法)や、熱を加えて熔かし合わせるフュージングという技法を使うアクセサリー作りなどに挑戦できます。

hako

制作の時間もあるし、予約が優先されたりもありますから、やってみたいと思っている人は事前に確認した方が良いですよ~!

自分で制作しなくても、様々なガラス細工品を購入できるので、お気に入りを見つけて自分のご褒美にしてはどうですか。

hako

私は夫にペンダントをねだる♡

チケット料金  大人1500円 大高生1000円 小中生600円
開 館 時 間   10:00~17:30(最終入館17:00)

彫刻の森美術館

とっても有名な箱根の彫刻森美術館は仙石原から車で17分程度です。

50年以上の歴史をもつ彫刻を主体とした野外美術館で、ロダン、ムーアなど数多くの彫刻に出会えます。

野外だけでなく室内展示作品もたくさんありますよ。

ピカソ館も常設されていて、そこでは絵画だけでなく陶芸作品も見られます。

箱根の自然と融和した彫刻は芸術をとても身近なものにしてくれますね。
美術館で足湯を楽しめるのも箱根ならでは。

広々とした緑と青い空の下で小さな子供たちも楽しそうに芸術に触れている姿は、芸術の本当の姿って何だろう…なんて思わされます。

自由に心を解き放って鑑賞しましょうね!

チケット料金  大人1600円 大高生1200円 小中生800円
開 館 時 間   9:00~17:00(最終入館16:30)

大涌谷

仙石原から車で17分くらい黒たまごで有名な大涌谷です。

箱根火山の火山性地すべりによって出来た崩壊地形で、地熱地帯、噴気地帯でもあります。
箱根火山にいくつもある噴気地帯の中では最大規模。硫黄の臭いが漂っています

火山活動が活発になると立ち入りは制限されます。

ひとつ食べると寿命が7年延びるといわれる黒たまご
お土産物屋「大涌谷くろたまご館」で売っています。

黒いたまごの秘密は化学反応によるもの。
生卵を温泉池でゆでると、気孔の多い殻に温泉池の成分(鉄)が付着します。
これに硫化水素が反応して黒色(硫化鉄)となるそうです。

黒たまごはなぜ寿命が延びると言われるのか?

大涌谷には弘法大師によってつくられたと言われる「延命地蔵尊」があります。
このお地蔵様にあやかり「黒たまご」を食べると寿命が延びると言われるようになったそうです。

hako

2個食べたら14年も寿命が延びちゃうわ~
なんて言いながらいくつも食べてるのは私です

この「大涌谷くろたまご館」では黒たまごグッズなどもゲットできますよ♪

まとめ

秋を感じる季節になったら、仙石原のすすきを訪れてみてください。

初秋~晩秋までまわりの紅葉とも相まって、少しずつ印象の違うすすき草原が見られることと思います。

一度と言わず何度でも変化を楽しんでみてはいかがかでしょう

箱根は観光スポットも豊富ですから、一度に回りきれなくてもがっかりせずに、次の機会のお楽しみにしましょう。

仙石原付近の観光スポット

  • 星の王子さまミュージアム
  • ガラスの森美術館
  • 箱根彫刻の森美術館
  • 大涌谷

何度足を運んでも楽しい箱根です。

芦ノ湖や箱根神社などまだまだ見どころたくさん、美味しいものもたくさんあります。

ゆっくり時間の取れる人は、温泉も堪能してください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です