カテゴリー
イベント 観光

加須市に泳ぐジャンボ鯉のぼり!平和祭の見どころは?

100メートルもある鯉のぼり見たことありますか?鯉のぼり作りの盛んな街加須で世界一のジャンボ鯉のぼりを見ませんか?

加須(かぞ)市は埼玉の北東部に位置し、 群馬県、栃木県、茨城県 に隣接する市です。

加須市の自慢は100メートルもある日本一のジャンボこいのぼり!
昭和63年から毎年泳いでいます。

またしても、全く知らなかった私です。
長年仕事でお付き合いのある企業が加須市にあるにもかかわらず…。

今回はこのジャンボこいのぼりと加須市民平和祭について、レポートします。

ジャンボこいのぼり遊泳

毎年5月3日の市民平和祭で、会場となる利根川河川敷緑地公園を遊泳しています。

全長100メートル、口輪の直径は何と10メートル!大勢の人々が口輪を組み立て、こいのぼりを広げる作業をし、クレーンで持ち上げられて泳ぎ出すのです。

こんなサイズのこいのぼり泳がせるのは一大イベントに違いありません。

こいのぼりが泳ぐのは午前と午後の一日2回です。天候の様子を見ながらそれぞれ30分間泳ぎます。
一日中泳いでいるわけではないので、ちゃんと時間を調べたうえで足を運ぶ必要がありますね。

hako

そうよね。300㎏以上もあるこいのぼり。一日中泳いでいるわけがないわよね。

加須市のHPに市民平和祭のお知らせなどがアップされますから、興味のある方は確認してから足を運んでくださいね。

歴代のジャンボこいのぼり

こいのぼりの生産量が日本一なのが加須市です。
そのアピールをしようと考えられたのがジャンボこいのぼりだそうです。

ジャンボこいのぼり1世

昭和63年(1988年)に地元の青年会議所の協力で作られた全長100メートル、重さ600キロにもなる日本一大きなこいのぼりが登場です。
平成10年(1998年)にはハワイの大空を泳いだそうです。

ジャンボこいのぼり2世

平成8年(1996年)からは全長111メートル、重さ730キロの1世を上回るサイズの大きなこいのぼりになりました。
ところが、平成14年(2002年)平和祭の遊泳中に破損して修復が不可能になり引退となりました。

hako

大きすぎちゃったのかしら…

ジャンボこいのぼり3世

平成15年(2003年)からは3世が登場です。全長は100メートル。素材を従来の綿からポリエステルに変更重さ約350キロと大幅な軽量化に成功しました。
平成18年(2006年)サッカーワールドカップドイツ大会の年には開催地の大空を雄大に泳ぎました。

ジャンボこいのぼり4世

平成26年(2014年)から登場し、今に至ります。
全長は100メートル、重さは約330キロ。目玉と口の大きさは直径10メートルもあります。
4世は加須市の木(サクラ)と加須市の花(コスモス)のピンク、加須市の未来像「水と緑と文化の調和した元気都市」のイメージカラー青、みどり、オレンジを配色に取り入れられています。

hako

このサイズはすごいわ!
うっかり風にあおられたりしたら大事故が起きそう💦
風が無くても泳がないだろうし…。
これは作るのも泳がせるのにも技が必要じゃないかしら。

ジャンボこいのぼりの虫干し

毎年11月。さわやかに晴れ上がった空の下、加須はなさき水上公園の芝生広場でジャンボこいのぼりの虫干しが行われます。
広々とした広場いっぱいに広げられるこいのぼり。改めて大きさに驚きますよ。

広げた後は点検や補修を行い、こいのぼりが日光浴を済ませたら、またきれいに保管され、翌年の5月の出番を待つのです。

子供たちが目玉の周りにいるのがわかりますよね?
泳いでいる映像以上に大きさが実感できますね。

加須市民平和祭

先にも触れましたが、加須市民平和祭は毎年5/3(憲法記念日)に開催されています。
場所は利根川河川敷緑地公園です。

イベントの目玉はもちろんジャンボこいのぼりの遊泳ですが、平和式典あり、ステージでのショーあり、特産品の販売あり、クラッシックカーフェアなど、大人も子供も楽しめるイベントが毎年盛りだくさんです。

2019年には加須市内外から約12万人もの人が集まったそうですよ!

加須市はどんなところ?

加須っていいところだな~。東京からさほど遠くないのに、とても豊かなところみたいですよね。

加須市は2010年に旧加須市・北埼玉郡騎西町・大利根町・北川辺町が合併して誕生しました。

関東平野の真ん中、豊かな自然に恵まれ米の生産量は県内一。梨やいちぢく、イチゴなど農産物もたくさん栽培されています。
不動ヶ岡不動尊總願寺や玉敷神社といった歴史ある建物や祭事が多くあります。

市民スポーツにも力を入れており、マラソン大会が行われたり、高校の跡地にフットボールセンターが作られたりしています。
高校野球で甲子園を沸かせた花咲徳栄高校も加須市にある高校なんですよ。

都心から概ね50km圏内にあり、東武伊勢崎線で1時間弱、東北自動車道のインターチェンジもあり、都心へのアクセスも比較的良好です。
圏央道のインターチェンジも近接したので、更に便が良くなりました。

過去は小麦の栽培に適した土地だったので、米よりも小麦の生産が盛んでした。
そのため、加須市民のソウルフードはうどんですって。
加須うどんの自慢は手打ちならではの強いコシ、輝くようなツヤ。そしてつるっとしたのど越し。
市内にはうどん屋さんがたくさんあります。

hako

冷たいざるうどんをズズッとやりたい!

おまけ!各地のこいのぼり

大きな大きなこいのぼりを見てきたので、全国のこいのぼりイベントをさらっとご紹介します!

  • 北海道札幌市 定山渓温泉渓流鯉のぼり
  • 群馬県館林市 さくらとこいのぼりの里まつり
  • 徳島県三好市 大歩危峡の鯉のぼり
  • 熊本県阿蘇市 枝立温泉鯉のぼり祭り

大きなこいのぼりではなく、たくさんの鯉のぼりが泳いでいます。
ちょっと調べた感じだと、ジャンボこいのぼりというのは加須以外で見つけられませんでした。

まとめ

埼玉県加須市がこいのぼりの生産日本一の地であることも、日本一、いや世界一の大きなこいのぼりを泳がせていることも初めて知りました。

よく考えてみれば、関東は江戸の御膝下ですから、江戸時代の文化が脈々と続いていても何の不思議もないのですよね。

  • 世界一のジャンボこいのぼり
  • ジャンボこいのぼりは加須市民平和祭で遊泳する
  • 加須市はこいのぼり生産量日本一
  • 加須へは東京から1時間くらいで行くことができる
  • 加須うどんは加須市民のソウルフード

こんなに近くにこんな産業があって、今また地域の人々が皆で盛り上げようとしているということを知ることができ、感動しました。

東京から電車でも1時間とちょっとです。
皆さんもジャンボこいのぼりを見に行ってくださいね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です