カテゴリー
イベント 日常

十五夜のお月見はいつ?なぜお月見するの?お月見団子は何のため?

秋を感じる頃になると、月がきれいだわ~そろそろ十五夜かしら?なんて思ったりしますが、そもそも十五夜って何?お月見団子がスーパーにも並んだりするけど、なんで団子食べるの?と知らないことだらけ!ということで十五夜のお月見についての謎を解きましょう~。

空が高くなり、日が落ちるのも早くなって…秋ですねぇ。

秋になると無意識に空を見上げたくなりませんか?

昼に限らず夜もスッキリとした空を見るのが好きです。

そして美しい月を見つけ「そろそろ十五夜かしら?」なんて思ってみます。

そんな事を思う自分を「歳を取ったな~」と思うか「気持ちにゆとりがある」と思うかはそれぞれだと思いますが、美しい月夜というのは何とも言えない風情がありますね。

で、ふと気が付きました。

十五夜ってなんなのかしら?一体いつのことなのかしら?

どんな意味があるのかしら?

いい歳してよくわかっていないではありませんか!

皆さんはご存知でしたでしょうか?

これは調べないと~!

十五夜とは

新月から数えて15日目の月を十五夜と言います。

昔は月の満ち欠けを一か月とする旧暦(太陰暦)を採用していました。

満月から満月までを1ヶ月と数えていたのです。

そうすると毎月15日の夜はほとんどの日が満月でした。

  • 新月…1日
  • 上弦の月(じょうげんのつき)…8日
  • 十三夜月(じゅうさんやづき)…13日
  • 十五夜(満月)15日
  • 十六夜月(いざよいづき)…16日
  • 居待月(いまちづき)…18日
  • 下弦の月(かげんのつき)…23日

十五夜はいつか?

上記のように十五夜は本来毎月のようにやってくるものなのですが、私たちが思う十五夜はただの満月のことではない…ですよね。

hako

ススキを飾ってお月見団子を食べる…のが十五夜だと思ってます(笑)

そう、このお月見をする十五夜というのは 、1年で最も美しいとされる「中秋の名月」を鑑賞しながら、収穫などに感謝をする行事のことなのです。

中秋の名月と言われるのは旧暦の8月15日の月のことです。

 旧暦(太陰暦)8月15日の「十五夜」=「中秋の名月」 

旧暦の8月15日は現代の暦では9~10月にあたります。

ちなみに2021年は9月21日、2022年は9月10日、2023年は9月29日…となります。

なぜお月見をするの?由来は?

十五夜(中秋の名月)にお月見をするのはなぜなのでしょう?

月は天気が良ければいつでも見られますし、満月だってだいたい月に一回はあるのに。

古くから日本には月を眺める風習があったということですが、十五夜のお月見は中国の『中秋節』が由来だとされています。

中秋節というのは中国の伝統的な三大節句の一つで秋の豊作を祝い、月餅を食べながら家族や友人たちと月を眺める風流な行事です。

平安時代になると中国の中秋節が貴族の間で流行しました。

お酒を楽しみながら船の上で詩歌や管弦を楽しみ、水面や盃のお酒に映る月を見る、というとても優雅なお月見です。

一般庶民の間に浸透したのは江戸時代になってから。

作物の収穫を喜び感謝する収穫祭と結びついてお月見がされるようになりました。

収穫したサツマイモや里芋をお供えしていたようです。

お月見団子をお供えするようになったのはもう少し後になってからだそうですが、テニスボールくらいの大きなお団子がピラミッド型に積み上げられていたそうですから驚きですね。

お月見してみましょう

お月見にはススキお月見団子ですよね。

でも、なぜススキなのでしょうか?

背の高いススキは月の神様の降り立つ依り代と考えられているからです。

収穫を喜び神様に感謝をささげるということから、稲穂を飾りたいところですがまだ稲刈り前のために、稲穂に似たススキを飾るという説あるそうです。

そして、もうひとつ。

稲穂の代わりに米粉を使った団子をお供えするようになりました。

これがお月見団子です。

お月見団子は満月を思わせるように大きめに作ります。

hako

小さなお団子は上品にみえるけど「仏団子」

仏壇に供える団子のことなので、大きなお月見団子をね!

また、昔は里芋などを供えていたのでお月見団子も里芋のような形をしている地方もあります。

お月見団子をピラミッドのように高く積み上げるのはお団子の先端が「霊界」に通じると考えられてきたため。

お団子を通して、収穫の感謝の気持ちを伝えたいと願ってのことなのです。

十五夜のお月見団子なので15個飾ります。

15個並べ方
1段目に9個(3×3)、2段目に4個(2×2)、3段目に2個を盛ります。
3段目の2個は、神事では正面からみて縦に2個並べます。
hako

14個だと3段目が一つになるから積みやすいんだけどね(笑)

お月見団子はわりと簡単に作れちゃいます!

おうち時間の長い今だからこそ、ゆったりとした気持ちでお月見をしてみてはいかがでしょう?

異常気象で野菜の値段が乱高下する昨今だからこそ、昔の人々が無事な収穫を願ったり喜び祝ったりする気持ちがわかりますよね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です